Yukari_beautyのブログ

ゆかりの気になったニュースや情報などをピックアップしてお届けします。

【フリーエネルギー】井出 治(osamu ide)二コラ・テスラ(Nikola Tesla)

フリーエネルギーとは、使っても減る事のない無限で無料のエネルギーのことです。

しかし、このエネルギーが世に出たら都合の悪い方たちがいるのです。石油や原発などの利権に群がる人々です。信じられない事ですが、フリーエネルギーの開発者たちは抹殺されて来たという事実があるのです。

テスラが35歳当時に国際学会で発表した、「超高周波超高電圧の電源」についての活用法。そして発明王エジソンのGEやウェスティングハウス社を離れた後、没頭していた「世界システム」の研究とは?

井出治氏が開発した超効率インバータ(デゴイチ)は400%近い効率が得られている。つまり、入力エネルギーの約4倍の出力エネルギーが取り出せるということである。出力の一部を入力に戻すことにより、永久機関も夢ではない。一家に一台、車に一台装備することによりエネルギー問題は解決する。第二次産業革命が起きるだろう。

フリーエネルギー、UFO、第3起電力で世界は大激変する 永久機関の原理がすでに見つかっていた!

Nikola Tesla

Nikola Tesla

 

フリーエネルギー装置実用化近し!!

井出治氏が開発した超効率インバータ(デゴイチ)は400%近い効率が得られている。つまり、入力エネルギーの約4倍の出力エネルギーが取り出せるということである。出力の一部を入力に戻すことにより、永久機関も夢ではない。一家に一台、車に一台装備することによりエネルギー問題は解決する。第二次産業革命が起きるだろう。

NASAも注目の技術

井出治氏は、ファラデーの逆起電力とは逆の「正の起電力」を発見し、1995年6月に米国物理学会の応用物理学ジャーナル誌上で発表した。それに興味を持ったNASAは、井出治氏に招待状を送り、1999年のNASA主催の磁気浮上技術国際会議に招待した。井出治氏はその場で研究発表し、多くの質問が寄せられたそうだ。

元になった技術

井出治氏の技術は、1970年頃にエドウィン・V・グレイによって発明されたEMAモーター(参考:回転し続けるEMAモーター)が元になっている。EMAモーターは、火花放電とモーターとバッテリーを組み合わせた物で、永久に回転し続けるモーターである。しかし、それが世に出ては困る反対勢力により闇に葬られ、未だに実用化されていない。

また、1900年頃にニコラ・テスラによって発明されたテスラ・コイル(参考:テスラ・コイルとエネルギー増大送信機)も元になっている。ニコラ・テスラは、巨大なテスラ・コイルを使って、地球上のどこでもエネルギーを取り出すことができる世界システムという壮大な構想を持っていた。しかし、それを理解できる者はなく、資金不足で実現できなかった。

超効率インバータの特許出願

超効率インバータ技術は国内特許出願されている。特許公開番号は2012-023898である。図1は、超効率インバータの基本回路である。また、図2の(a)はMOSトランジスタの駆動波形、(b)はトランスの一次側入力電流波形、(c)はトランスの二次側電圧波形である。図3(a)は、MOSトランジスタの駆動パルスの間隔を短くしたときの波形、(b)はトランスの二次側に雪崩現象が発生して電圧波形が大きくなっていることを示している。これは、正の起電力の影響である。  図4は、さらに効率を改善するために考案された回路である。E型コアを2個とI型コアを1個、間にエアギャップを隔てて配置されている。そして、コイルを直交に配置している。

フリーエネルギー装置が各家庭に普及されれば、エネルギー問題も解決しますし、原発利権などの利権問題も一気に解決してしまいます!

記事元はケシュ財団の記事ですが、世界やこの日本でも多くのフリーエネルギー開発者がいます。


フリーエネルギー実現にむけた主要な人物と組織の紹介をしたいと思います。

クオンタムエネルギー発電機 (QEG)

クオンタムエネルギー発電機(QEG)は100年以上前にニコラ・テスラが特許を取った最初の”フリーエネルギー”発電機。

しかし、彼のエネルギー技術の効率が良すぎたためにニコラ・テスラは貪欲な銀行家たちによって拒絶されてしまいました。

フィックス・ザ・ワールド機関(仮訳)(The Fix the World Organization)が、テスラの設計に現代版のひねりをいくつか加えつつ、同じ結果を生み出すものを再生産しました。この量子エネルギー発電機(quantum energy generator、QEG)は、10KWの動力を生み出すのに1KW以下の動力しか必要としないので、外部からのエネルギー供給を必要としません。

QEGは環境中の周波数、共振、振動を操作することによってエネルギーを作りだします。

QEGの仕組み

まず、差込口やクランクなどの始動用の動力源を使い、1馬力の動力装置に動力を与えます。

この動力装置が、発電機のコア内のローターを回転させます。

発電機内のこのユニークな発信機の電気回路コンフィギュレーションによって、共振が発生します。

一旦、コアがこの共振に到達すれば、最高で10KWの動力を生み出すことが可能です。この動力は変換器を通り、ローターを回転させる動力装置に動力を与えることが可能になります。その後は、この動力装置を電源から外しても、発電機は自らに動力を与えるようになります。

テスラ発電機の作り方  <フリー・エネルギーの実現>より引用


ケシュ財団のフリーエネルギー装置

ベルギーのケシュという組織が、数々のフリーエネルギー・反重力テクノロジーを開発し、そのパテントを完全に無料で、世界中の政府に平等に提供していました。

これまで、ガーナ、ナイジェリアなどの後進国をはじめ、中国、ロシア政府にも提供されていました。

日本では企業のテプコに情報提供がされていたようですが、この今年の10月ついに普及版のフリーエネルギー装置が発売されました。

ケシュ財団発売のフリーエネルギー装置(プラズマ・エネルギー・ユニット)について、さらなる情報が得られました。

半年から1年の間に、ユニットの生産量が全世界に行き渡るようになり、世界は劇的に変わる。

10月16日のコンフェレンスでは、「平和条約」への調印と引き換えに、このユニットが各国のアンバサダーに提供されました。しかし、調印をしていない国でも、人々には提供されるそうです。

ついにケシュ財団が普及版フリーエネルギー装置の販売を開始!より

フリーエネルギー装置の仕組み

我々は、常温で固体状のCO2のような、全く新しい未知の物質を開発した。そして、オンデマンドで必要とするだけのエネルギーを生産することができる新しいエネルギー・システムの開発がある。

(中略)

重力と磁場を同じシステムで同時に生成することが出来る容易な方法を知っている。

いわゆる新鮮な空気から、容易にタンパク質を生成することができ、小規模なシステムから、数キロワット、または数千キロワットのエネルギーを生産することが、同じシステムから同時に可能だ。

Keshe財団が開発した重力と磁場を同時に保持しているシステムより引用


佐野千遥博士:永久磁石永久機関モーター

超フリーエネルギー装置=永久磁石永久機関モーターの発明を基に日本発世界産業革命を準備している。

佐野千遥博士はロシア科学アカデミースミルノフ物理学派・論文審査員で、日本ではまだあまり知られていませんが、ロシアを中心に世界の科学、物理、数学界では超有名人であり、それは世界中が驚く偉業をいくつも成し遂げています。

佐野千遥博士後援会では、「永久磁石永久機関モーター」と、それを利用した推力装置の開発に取り組んでいる。

永久磁石永久機関モーター
一直線直流発電
直流電力推力装置
特殊構造トランスによる交流電力増幅装置
コンピュータ制御されたバリコンを使った交流電力増幅装置

1と2を組み合わせた物を基に3を作ります。

「永久磁石永久機関モーター」は、1と2が実証されれば発電は可能になりますが、佐野博士は3により新たな乗り物の動力の開発を試みようとしています。

4と5は、文字通り新しい電力の増幅システムの開発です。


井出 治氏

井出 治氏:デゴイチインバータ

井出治氏考案の発電機です。これは超効率インバータです。本装置は、400%近い効率が得られている。つまり、入力エネルギーの約4倍の出力エネルギーが取り出せるとのこと。トランスを有する発振回路を用いたインバータであれば、どのような回路構成のものについても、同様にして適用することができるとしています。さらに井出治氏は、ファラデーの逆起電力とは逆の「正の起電力」を発見し、1995年6月に米国物理学会の応用物理学ジャーナル誌上で発表し、それに興味を持ったNASAは、井出治氏に招待状を送り、1999年のNASA主催の磁気浮上技術国際会議に招待した。井出治氏はその場で研究発表し、多くの質問が寄せられたということです。

フリーエネルギー装置実用化近し!! 井出治さんのデゴイチの特許公開!

空間からエネルギーを取り出す方法

空間からエネルギーを取り出すには、図6に示すように、空間に振動を与え、空間が正のエネルギーに傾いたときだけエネルギーを抽出するようにすれば、正のエネルギーを取り出すことができる。

空間に振動を与える方法として火花放電がある。EMAモーターは火花放電を利用して真空に振動を与えている。井出治氏も当初は火花放電を利用していたが、その後、インパルス電流による磁力線を利用するようになった。

空間に振動を与えた後、空間が正に傾いたときだけエネルギーを抽出するには、空間の振動周波数に共振させる必要がある。井出治氏は、パルスの間隔を狭くしていくと雪崩現象が発生し、出力電圧が増大するといっている。最も出力が増大する周波数が存在するはずである。モレイ・コンバータ(参考:空間からエネルギーを取り出すモレイ・コンバータ)は、共振のみを利用して空間からエネルギーを取り出していた。

デゴイチインバータ:井出治氏考案の超効率インバータは圧電器(400%近い効率)より

abcdefg.jpn.org


いかがでしたか?世界ではもうすでに一般家庭向けに発売され、日本でも佐野教授や、井出教授の他にもいくつかの企業や個人で開発を進めている人も多くいます。
今後、フリーエネルギーが市場化されれば、これまでの利権構造や金貸し支配構造をも破壊できるようなパラダイム転換になります。
なぜなら、これまで多くの”良心的”な科学者や追求者達の壁となっていた利権関係や採算性を、気にする必要が無いのですから。
エネルギーを使わずして、思う存分に社会の役に立つ技術開発を行う世界に転換できる可能性を秘めています!
参考URL

http://phase-magazine.com/free_energy/

https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11841664434.html

http://ameblo.jp/yagyuhyogonosuke/entry-12085832340.html

https://www.balance-egg.com/blog-181025/

https://ameblo.jp/aries-misa/entry-11236545822.html

【酪酸菌がすべてを解決】強ミヤリサンは最強のシンバイオティクス(プロバイオティクスとプレバイオティクス)

強ミヤリサン

強ミヤリサン

私も定期便で使用している酪酸菌が含まれている「強ミヤリサン」をご紹介いたします。ダイエット効果、アレルギー軽減効果、便秘解消、腸内環境向上、口内炎改善、蕁麻疹改善など良いことづくめです。今まで使用していた酵素サプリメントビフィズス菌飲料も不要になり生活の一部として活用しております。

 

とにかく口コミもご覧ください。

 

プロバイオティクスとは

プロバイオティクスとは

プロバイオティクス

 「適正な量を摂取することにより宿主に有用な作用 を発揮する生きた微生物」と定義され、「直接腸内細菌として作用する生きた微生物を含む製品または食品」のことを指します。(発酵食品やサプリメントなど)

シンバイオティクス

シンバイオティクスはプロバイオティクスとプレバイオティクスの2つを組み合わせたもの。 生きた有用菌と、有用菌の栄養源を同時に摂取することで、腸内環境がより効果的に整い、健康増進に役立つと考えられています。

酪酸菌の減少が重症化を招く

インフルエンザでも新型コロナウイルスでも、そもそも「感染する人」と「しない人」がいます。その違いはなんなのでしょうか? 実は腸内の酪酸菌量の違い=体質の違いなのです。大腸の酪酸菌が増えると風邪やインフルエンザ、新型コロナウイルスに感染しなくなり、また感染したとしてもすぐに撃退できるとの事。ビフィズス菌が免疫力を高めると思われている方が多いかと思いますが、実は免疫力を高めるのは酪酸菌なのだそう。 そもそも新型コロナで亡くなるのは免疫が暴走することが原因です。コロナは口や鼻、腸などいろいろな臓器に感染しますが、重症化の原因は肺への感染。肺に感染したコロナは増殖し、免疫の暴走を起こしてしまいます。結果として肺胞を壊し、死に至ります。 しかし、腸内の酪酸菌を増やす事で感染してもすぐにウイルス感染細胞を攻撃し、免疫の暴走を防ぎ、ウイルスを除去してくれるのです。 また、酪酸菌が減少すると花粉症や食物アレルギー、うつ病など様々な病気を引き起こします。


 

腸活の新習慣!酪酸菌で腸を育てる

一般的にこれまで腸活というと乳酸菌やビフィズス菌などに代表される善玉菌を摂取することによって、腸内環境を整えていくことが主流でした。ところが最近では酪酸菌を摂取することで、酪酸菌が作る酪酸が大腸のエネルギー源として細胞に働きかけ、腸内環境を改善していくという、新たな腸活が注目されるようになってきています。大腸には水分・ミネラルを吸収する役割がありますが、酪酸はそれらを促進する作用があります。大腸が正常に機能していくためには酪酸は必要不可欠なのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

すごい酪酸菌 病気になる人、ならない人の分かれ道 [ 江田 証 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2022/3/27時点)


 

酪酸を作り出すのは酪酸菌だけ!

酪酸を作り出せるのは酪酸菌だけで、乳酸菌やビフィズス菌には作ることができません。酪酸菌が作り出す酪酸は腸内を弱酸性にすることで、腸内にある悪玉菌が発育することを抑制し、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が住みやすい環境を作るのに役立ちます。腸内が弱酸性になることによって、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルの吸収性が上がり、ミネラル不足を補うこともできると言われています。酪酸は腸内フローラが健康な状態を維持する上で重要な役割を果たしているのです。

腸内フローラについて

私達の体は約37兆個の細胞からできていますが、腸内には、100兆個以上の細菌が住んでいます。なんと自分の体重の1.5kg分は腸内細菌の重さなのです!人の腸は、すべて広げるとテニスコート1面分の広さに相当します。その表面上に1,000種類以上の細菌が群れをなして生息している様子を、カラフルなお花畑に例え、「腸内フローラ」または「腸内細菌叢」と呼ばれています。最近の研究では、腸内細菌には「1つの臓器」に匹敵するほどの働きと影響力があることがわかってきており、私達の心と体の健康を支えています。

酪酸

酪酸を作る細菌の総称。 酪酸や酢酸を作り出し、有害菌(悪玉菌)の発育を抑制します。 また、酪酸は大腸の主要なエネルギー源であり、酪酸により酸素が消費されることで、大腸内がビフィズス菌や他の有用菌(善玉菌)が棲みやすい環境になります。

宮入菌(ミヤリサン株式会社の宮入菌=酪酸菌)

ミヤリサン株式会社初代社長宮入近治博士は、人の腸内細菌の研究中、腸内腐敗を強く抑制する芽胞(天然のカプセル)菌を発見、宮入菌となずけました。以来、宮入菌は1940年の製造許可を受けてから、今日確かな信頼を得る整腸剤として使用されるに至るまで受け継がれてきました。博士の健康への厳しく真摯なまなざしは、70年近い時を経た現在も、他の追随を許すことなく新たな有効性の研究が続けられています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【指定医薬部外品】強ミヤリサン(錠) 1000錠
価格:5320円(税込、送料別) (2022/3/25時点)

毎食後3錠なので1日9錠となっており、1000錠で111日持ちます!

夫婦で使用しているので55日(約2ヶ月分)となりますのでとてもお得です。

宮入菌は腸内環境を整えた後は体内に残らないので、毎食後飲むと継続的に腸内環境を整えてくれます!

 

 

リスティング広告で商標権侵害!?商標利用の注意点と法律・広告ポリシー情報

リスティング広告では、「競合他社の社名」や「競合のサービス名」「競合の商品名」を使って、広告出稿されているケースがよく見られます。

広告分に商標を使用しているケースと、検索キーワードに使用している場合では、法的には違う対応となります。

商標をリスティング広告に使用

商標をリスティング広告に使用

商標権侵害にあたるのは ”なりすまし” のような場合となり、広告内に使用されていても、GoogleやYahooでは対応されないことが多い。

■広告に使用している場合

例:競合であるB社が、出稿しているリスティング広告の広告本文で「Aドリンクに比べて安くて効果をだせる」といったように「Aドリンク」の単語を使用しました。

結論から言うと、商標を無断で使用していた場合は、商標権侵害に抵触する可能性が高いです。

GoogleYahoo!を通して当該キーワードの使用制限の申し立てをされれば、「Aドリンク」という単語は広告文で使用することができません。

他社の広告文に自社の商標ワードが使用されている場合はGoogleYahoo!に申し立てを行う事で、他社による広告文内での商標登録キーワードの使用を制限することができます。

 

Googleで申し立てを行う場合

▼申し立てフォーム

https://services.google.com/inquiry/aw_tmcomplaint

 

▼申し立てを行うことができる人

・商標権所有者
・商標登録に記載されている登録弁護士
・商標権を持つ親会社の本社の代理人
・商標権所有者様からの明示的な許諾がある他の事業体または個人(子会社、支店、商標登録に記載されていない弁護士、メディア代理店、ディーラー、フランチャイズなど)

 

▼事前に準備が必要なもの

・使用制限または、許諾する広告主の情報
・商標の登録番号

 

Yahoo!で申し立てを行う場合

▼申し立てフォーム

https://form-business.yahoo.co.jp/claris/enqueteForm?inquiry_type=brand_term_limit

 

▼申し立てを行うことができる人

・当該商標の商標権者、もしくは商標権者が認めた代理人

▼事前に準備が必要なもの

・申請者の名刺を電子ファイル化したもの
・商標登録証、もしくは商標原簿を電子ファイル化したもの
・使用制限または、許諾する広告主の情報

■キーワードに使用している場合

例:A社が「Aドリンク」という商品名を商標登録しているとします。
B社が、同じような効果で売り出している「Bドリンク」のリスティング広告を出稿する際に「Aドリンク」というキーワードで出稿しました。
すると、消費者が「Aドリンク」というキーワードで検索すると、競合のB社の広告も表示されます。

 

結論から言うと、法的には問題ありません。
また、GoogleYahoo!の広告ポリシー上でも制限の対象外であるため、問題なく出稿が可能です。

 

Google広告ポリシー

support.google.com

・Yahoo!ガイドライン規約

marketing.yahoo.co.jp

 

商標キーワードでリスティング広告出稿を行うこと自体に違法性がないことと、GoogleYahoo!の広告ポリシー違反にも当たらないため、企業間での解決が必要になります。

注意点:

リスティング広告の場合は、「意図せずして広告が表示されている」という可能性も高く、故意でない相手が読んでも不快感を与えないような配慮をする
・相手の企業になるべく手間がかからないような依頼文を作成する
・あくまで法的拘束力はなく、対応しなくてもよいことを善意で対応してもらう紳士協定である事を忘れない

  •  

女優・内山理名さん×皮膚科医・山崎まいこ先生が対談した、Well-Beingな毎日を過ごすための“ビタミンC”セミナーをレポート

女優・内山理名さん×皮膚科医・山崎まいこ先生が対談した、Well-Beingな毎日を過ごすための“ビタミンC”セミナーをレポート

女優・内山理名さん×皮膚科医・山崎まいこ先生が対談した、Well-Beingな毎日を過ごすための“ビタミンC”セミナーをレポート

 

内山理名さんと山崎まいこ先生がウェビナーで語った、“ビタミンC”にまつわる知っているようで知らない話や有効な摂り方、サプリメントの活用方法などをチェックして。どこでも実践できる内山さん直伝の呼吸法も必見!

 

皮膚科医・山崎まいこ先生

皮膚科医・山崎まいこ先生

女優・内山理名さん

女優・内山理名さん

女優・内山理名さん×皮膚科医・山崎まいこ先生が、パフォーマンスの高い毎日を過ごすために必要な“ビタミンC”にまつわるウェビナーを開催。心身ともに健康的に過ごすためのヒントや、知ってるようで知らない“ビタミンC”の特性などについてのウェルネストークに花を咲かせた。

 

“体の声を聞く”大切さに気づく

女優としてだけでなく、ヨガインストラクターとしても活躍し、ヘルシーライフを実践する内山さん。“体の声を聞く”ことをし始めてから、生活が向上したそう。

「ヨガを始めるようになってから、自分の心と体の“声”を聞くことを意識して行うようになりました。今日は呼吸が浅いなとか、手を触って手が冷たいなとか、とても小さいことなんですが、そこに意識をもっていくんです。自分自身を観察してあげるイメージ。疲れてると感じたら予定を思い切って断ってみたり、少し早く寝てみたり……ストレスが少なくなった気がします」(内山理名さん)

ちょっとした心がけが、自分のなかのハッピーを高めていくことに繋がっているそう。皮膚科医として多忙な日々を過ごす山崎まいこ先生も、この考え方に賛同。

「自分のなかに違和感を感じたら、なるべく早めにリカバリーをすることが大切です。私も、その日に疲れを貯め込まないように、睡眠を十分に取るなど心掛けています」(山崎まいこ先生)

 

“ビタミンC”について知ろう

そんな忙しいおふたりも、積極的に取り入れているという“ビタミンC”。

「“ビタミンC”は、美容面ではもちろん、健康な体を維持するためにも必要とされている重要な栄養素です。しかし、体内で合成されないうえ、体外への排出スピードが速く、日々生活をしていると大量に消費されてしまいます。多忙な現代人は、特に“ビタミンC”を必要とする量が増えています」(山崎まいこ先生)

と教えてくれた山崎まいこ先生。

「体がビタミンCを欲すると、“ビタミンC”の受け皿である受容体が自然に増えてくるんです。元気が欲しいなと感じるときは、いつもより“ビタミンC”を受け入れやすくなっているので、積極的に摂るのが正解です」(山崎まいこ先生)

自分の体調の変化を感じ、それによって効果的に摂り入れていくのがよいそう。

 

気持ちを落ち着かせる鼻呼吸に挑戦

次に内山さんが、自身も日常のなかで取り入れている、ざわつく気持ちを落ち着かせるための呼吸法を伝授。

「おすすめの鼻呼吸法をレクチャーをします。口呼吸をしていると呼吸が浅くなりがち。呼吸を鼻でゆっくりとすることで、リラックス効果もあります。電車のなかでも、オフィスでも、どこでもできるので、ぜひ試してみてください」

1.あご、頬やまぶたの上を触り、顔の力を抜く

2.体の空気をいちどすべて吐き出すべく、大きく吸って、口から大きく出す

3.その後、鼻から吸って、口を閉じたまま、鼻からすーっと息を出し、一緒に力を抜いていく。これを30秒繰り返す。

「ゆっくりとした呼吸になっていく様子を感じられると思います。瞑想に入りやすい呼吸でもあるので、夜寝る前にも効果的です。ぜひ取り入れてみてください」(内山理名さん)

自分自身に向き合う=体の声を聞くことにも繋がるので、ぜひトライしてみて。

 

詳しくはこちらから

www.elle.com